So-net無料ブログ作成

「不正なし、捜査が証明」=検察判断を前面、正当性主張−表情に余裕も・小沢幹事長(時事通信)

 「不正がないことは検察の捜査で証明されている」。起訴相当との検察審査会の議決を受け、小沢一郎民主党幹事長は27日夜、党本部で取材に応じ、「捜査されてもなお、不起訴だった」などと、何度も強調。かつての「宿敵」の判断をよりどころに、潔白を主張した。
 午後7時すぎ、党本部に乗り付けた黒い車から小沢氏が降りると、カメラマンから一斉にフラッシュがたかれた。無言のまま会見場に現れた小沢氏は「意外な結果で驚いている」と、落ち着いた声で切り出した。
 議決については「(不起訴は)捜査を尽くした結果で、最終的には検察サイドで適切な判断がなされると確信しています」と、きっぱり。「秘書を信じていたとの主張は不自然」との審査会の指摘も「政治家と秘書は、信頼関係で成り立っている。どこの事務所もそうで、自然な形だ」と、軽く受け流した。
 小沢氏は、進退や参院選への影響、国民の政治不信に関する質問のいずれにも、冷静な口調で「検察の捜査によっても不正な金の受領はなかったことは明らか」と繰り返し、「国民も理解してくれる」と回答。「正確に報道してもらえばありがたいが」と笑いながら語りかける余裕も見せた。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設〜5月中の決着は?〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」

<鳩山首相>「ぶら下がり」やめたい 周囲に意向(毎日新聞)
米軍三沢基地F16、青森空港に2機緊急着陸(読売新聞)
診療所21件、病院と歯科医院各12件−昨年度の医療機関の倒産(医療介護CBニュース)
「認知症ケア」など介護関連で3資格創設―職業技能振興会(医療介護CBニュース)
予防接種法の抜本改正へ5月に実態調査(医療介護CBニュース)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。