So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

脱皮2時間以内!「漁師の伊勢エビ」発売へ(読売新聞)

 愛媛県伊方町串の三崎漁協が、軟らかな殻ごと食べられる脱皮直後の伊勢エビを急速冷凍し、試験的に飲食店などに卸している。

 殻が軟らかなのは脱皮後数時間だけで、漁でとれた伊勢エビを脱皮目前まで育て、2時間おきに見回って、脱皮したばかりでの商品化を実現。試験販売の評判は上々で、「岬夢想海老(はなむそうえび)」と名付けて、今秋から一般販売に乗り出す。

 同漁協では、毎年9月の伊勢エビ漁解禁後、毎年約8トンの水揚げがある。大半は蓄養池で育て、年末贈答用として出荷している。

 脱皮直後の伊勢エビはたまたま網にかかることもあるが、軟らかいために一部がちぎれるなどしていることが多い上、すぐに殻が硬くなるため、出荷せずに漁師が食べていた。

 漁協では、一昨年から丸ごと食べられる伊勢エビの商品化を目指し、水槽で脱皮の様子を観察。水温が20度程度になる11月下旬、大半は夜間から早朝に行われ、2時間程度で、殻が硬くなることがわかった。

 このため、脱皮間近と見られる200〜300グラムの食べ頃の大きさのものを池から水槽に移し、夜も2時間ごとに見回って、脱皮直後のものを急速冷凍することにした。

 09年に試験的に約300キロを漁協直営のレストランなどに卸し、から揚げや蒸し料理にして提供したところ、甘みの強さや、殻があることをほとんど感じずに食べられる珍しさが人気を集めた。

 今年は1トンを用意し、一般消費者向けにも販売したいとしている。其田稔組合長は「増産のめども立った。付加価値の高い、新たな伊勢エビとして売り込みたい」と張り切っている。(梶原善久)

ハイチに陸自部隊を派遣、復旧活動に参加(読売新聞)
<てんかん>防止のたんぱく質を特定 日米のチームが(毎日新聞)
<食中毒>弁当食べた137人に症状 愛知・稲沢の業者製造(毎日新聞)
JR大阪駅 国内初 ホーム覆うドーム(毎日新聞)
インフル患者、8週ぶり増加=週48万人、ほとんど新型−感染研(時事通信)

<政策提言>NPOなど結集、組織設立へ 政府のチェックも(毎日新聞)

 山村都市交流、国際協力、災害支援などの活動を展開しているNPO(非営利組織)が結集し、政府に政策を提言する「新しい公共をつくる市民キャビネット」の設立総会が29日、東京都内で開かれる。政策提言のほか、政府予算を現場感覚で点検、評価する「市民仕分け」も実施する方針。全国の市民団体にも参加を呼びかけ、政府側と定期協議ができる市民セクターとして政策実現を目指す。

 キャビネットはNPOのほか生協、労組などを対象に組織化し、分野ごとに8部会を設置。省庁の概算要求に向け提言するが、提言書を一方的に提出するだけでなく、協議の場を設けるよう求める。

 昨年11月には、各分野のNPOなど約100団体の代表者らで設立準備会を発足。政府の緊急雇用対策について提言し、協議した。設立呼びかけ人の一人で、NPO事業サポートセンターの池本修悟専務理事は「官僚中心の政策決定でなく、政策に現場から声を届け、反映させる機関にしたい。多くの市民やNPOに出席してほしい」と設立総会への参加を呼びかけている。

 設立総会は、29日午後1時、千代田区永田町の星陵会館で。参加費1000円(学生無料)。問い合わせは、NPO事業サポートセンター(03・3456・1611)へ。【山本悟】

小西一家総長ら逮捕=住吉会系幹部射殺事件−埼玉県警(時事通信)
【揺らぐ沖縄】首相の罪 自治体に安保委ねた重いツケ(産経新聞)
彬子さま、オックスフォード大で哲学博士(産経新聞)
<ハイチ大地震>日本郵政、義援金送付無料に(毎日新聞)
城ブーム!1000円高速乗り「歴女」参上(読売新聞)

千葉女子大生殺人 男を窃盗容疑で再逮捕へ(産経新聞)

 千葉県松戸市で昨年10月、マンションの一室が焼け、この部屋に住む千葉大園芸学部4年、荻野友花里さん(21)が殺害された事件で、千葉県警松戸署捜査本部が、荻野さんを刺したことを認めている、住所不定、無職、竪山辰美容疑者(48)を荻野さんのカードで現金を引き出した窃盗容疑で、近く再逮捕する方針を固めたことが24日、捜査関係者の話で分かった。

 捜査関係者によると、竪山容疑者は昨年10月21日午後、同市のJR松戸駅付近の複数のATM(現金自動預払機)で荻野さんのカードを使い、現金2万円を引き出した疑いが持たれているという。

 竪山容疑者は、荻野さん殺害や放火についても容疑を認める供述を行っており、供述に基づき、自宅付近から凶器とみられる包丁や血の付いたTシャツなどが発見されている。

 捜査本部は、竪山容疑者を千葉県内の女性2人への強盗致傷などの容疑で、今月上旬、再逮捕。逮捕は3度目となっている。

【関連記事】
「半落ち」容疑者vs捜査員、供述の信憑性は…“本丸”へ詰めの捜査 松戸女子大生殺害 
「荻野さんを刺した」 竪山容疑者の供述通り凶器も見つかる
実名か匿名か…分かれる判断 連続不審死、千葉大生殺害
警察庁長官が千葉入り 女子大生殺害現場で献花
千葉大女子学生殺人 ATMの男、犯行時には手袋を使用か

<衆院予算委>2次補正通過へ 集中審議2月実施で合意(毎日新聞)
裁判員の辞退希望21%、70歳以上・学生…(読売新聞)
<詐欺>東電元社員ら逮捕 融資金2.4億円詐取の疑い(毎日新聞)
大阪・槙尾川ダム 「100年に1度の大雨」想定なら 総事業費866億円(産経新聞)
ハイチ大地震 日本人医師奮闘 手術に診察、息つく暇なく(毎日新聞)

<裁判員裁判>障害ある候補者に手話通訳手配せず 高知(毎日新聞)

 高知地裁は19日に始まった同地裁で初めての裁判員裁判の裁判員選任手続きで、聴覚障害者を裁判員候補者として呼び出しながら、手話通訳者を手配していなかったことが分かった。この障害者は事前に「手話通訳が必要」と地裁に通知していたが、地裁が見落としたという。この障害者は最終的に裁判員から漏れ、地裁は手話通訳者の手配漏れについて障害者に謝罪した。

 同地裁によると、障害者は呼び出し状に同封されていた事前質問票の「手話通訳が要る」との欄にマルを付けて返送した。地裁は質問票の回答を数人でチェックしたが、見落としたという。

 最高裁によると、聴覚障害者が裁判員候補者となった場合の対応について法的な取り決めはないが、各地裁には「配慮すべきだ」と指導。同地裁は、候補者から要望があった場合は高知県聴覚障害者協会から手話通訳者などを派遣してもらうよう事前に取り決めていたという。

 高知地裁総務課は「十分に対応できず、ご本人にも県聴覚障害者協会にも迷惑をかけて申し訳ない。今後はこういうことがないようチェック体制を強化したい」と話している。【黄在龍】

【関連ニュース
裁判員候補者:聴覚障害者に手話通訳者手配せず 高知地裁
裁判員裁判:どう判断? 殺人否認の被告
最高裁:「公平、誠実に職責果たす」…白木判事が抱負
裁判員裁判:取り調べDVD証拠に 仏画強盗公判で名地裁
耳かきエステ店員殺害:29日に公判前整理手続き

海堂氏に名誉棄損で賠償命令(医療介護CBニュース)
鳩山首相 「潔白信じる」小沢氏の続投了承(毎日新聞)
わが街KOBEを守れ 企業独自の防災訓練(産経新聞)
「不思議の負けなし」ノムさん自民に心構え(読売新聞)
<浄土真宗本願寺派>「自殺防止センター」を設立(毎日新聞)

小沢氏、特捜部との“直接対決”終了 ホテルで記者会見へ(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる政治資金規正法違反事件で、23日午後2時ごろから東京都内のホテルで始まった東京地検特捜部による小沢氏への任意の事情聴取は午後7時前に終了した。特捜部は、事件への関与や土地代金の原資4億円の出どころなどについて説明を求めたとみられるが、小沢氏は関与を否定した模様だ。

 小沢氏はホテルで記者会見する。

【関連記事】
小沢氏聴取 自民・大島幹事長が「お好み焼き」挑戦
次の一手は? 小沢氏の車に囲碁やロッキード本 
小沢氏聴取 民主「広がる不安感」選挙や国会への影響懸念
小沢氏聴取控え北沢防衛相「説明果たす努力を」
舛添氏、小沢氏が聴取受けるのは「当たり前」

民主党大会 異様な緊張感 小沢氏批判できない現状凝縮(毎日新聞)
小沢氏発言に疑問…4億円は自己資金?預金は?(読売新聞)
現場マンションに指紋の男、再逮捕へ 南青山の飲食店従業員殺害(産経新聞)
<公明党>予算案に早々と賛成表明 野党共闘に影響か(毎日新聞)
飼い主はどこ?カメレオンとウサギ拾われる(読売新聞)

千葉・市原で民家全焼、姉妹?2遺体見つかる(読売新聞)

 22日午前0時10分頃、千葉県市原市山田橋のガソリンスタンド所長、奈佐(なさ)昭一さん(44)方から出火、木造2階住宅約100平方メートルを全焼し、焼け跡から2人の遺体が見つかった。

 長女の県立磯辺高2年、優里香さん(16)と三女の市立国分寺台西中1年、栞(しおり)さん(12)の行方が分からなくなっており、市原署は、遺体はこの2人とみて身元の確認を進めている。

 同署の発表などによると、奈佐さん方は5人暮らしで、優里香さんと栞さんは当時、2階で寝ていたとみられる。1階で寝ていた妻の有子さん(44)、次女の同中2年、瞳さん(14)も煙を吸って病院に運ばれたが、生命に別条はないという。奈佐さんは「帰宅した時には火が出ていた」と話しているという。

 同署などは、火元は屋内とみて調べている。この火事で隣の民家も半焼した。

安保改定50年で日米が共同声明「アジア太平洋の平和に不可欠」(産経新聞)
小沢幹事長「信念を通し、戦っていく」(産経新聞)
11年前にも男性殺害か=経営者強殺事件の被告ら−3人再逮捕へ・宮城県警(時事通信)
「アバター」が作品賞、監督賞の2冠−米Gグローブ賞(時事通信)
壬生狂言 絹ちりめん製の大幕を公開(産経新聞)

普天間決着「言質ある」…米国務次官補(読売新聞)

 【ワシントン=小川聡】オバマ米政権で対日政策を取り仕切るカート・キャンベル国務次官補は19日、日米安全保障条約改定の署名から50周年にあたって国務省で記者会見し、懸案となっている沖縄県の米軍普天間飛行場の移設問題について、「米国は鳩山政権の高官たちから(決着が得られるとの)言質を得ている」と述べ、米国も納得する形で解決するとの見通しを示した。

 キャンベル氏は記者会見で、2月初めに訪日し、日本政府に加え、与党幹部とも会談し、この問題を協議することを明らかにした。関係者によると、局長級の安全保障高級事務レベル協議(SSC)を開催する方向で調整中だという。

 また、普天間移設に関し、「現行計画が正しいアプローチだが、同時に、対話のドアは開かれている」とし、「この全体の文脈の範囲内で、柔軟に対応したい」と述べた。

「新聞止めるな」記者奮闘 神戸新聞「1・17」ドラマ化(産経新聞)
石川議員逮捕 通常国会目前の激震(毎日新聞)
痴漢 愛知県職員に無罪判決「故意とは認められぬ」(毎日新聞)
無許可で職業紹介業営業、中国籍の姉弟逮捕 警視庁(産経新聞)
行方不明の住職、食品万引き=現行犯逮捕「金使い果たした」−福島(時事通信)

ゲーム喫茶強盗 60万円奪う(産経新聞)

 20日午前3時半ごろ、兵庫県姫路青山西のゲーム喫茶店「青山」に2人組の男が押し入り、店内にいた男性経営者(46)と男性客(37)に刃物のようなものを突きつけ「金を出せ」などと脅した。男らは経営者に店内奥のトイレに入るよう命令し、その間にカウンター内にあった現金約60万円を奪ったうえ、男性客が持っていた現金約2万円も奪い車で逃走。姫路署は強盗事件として捜査している。

鳩山首相、小沢氏続投を了承=「身の潔白信じる」(時事通信)
<歌会始>来年の題は「葉」(毎日新聞)
桜井茶臼山古墳 発掘成果紹介の速報展始まる(毎日新聞)
男女、5回目の逮捕=不審死、窃盗事件後立件へ−「もみ合いになった」・鳥取県警(時事通信)
<フェリー座礁>2漁協 船体撤去と漁業補償案受け入れる(毎日新聞)

年中楽しめるサクラ開発=開花に冬の寒さ要らず−加速器で品種改良・理研など(時事通信)

 理化学研究所などは14日、仁科加速器研究センター(埼玉県和光市)の加速器リングサイクロトロンから発生する重イオンビームを照射する方法で突然変異を引き起こし花を咲かせるため、冬の寒さを必要としないサクラの新品種「仁科乙女」を開発したと発表した。
 通常のサクラは、花を咲かせるためには一定期間低温にさらされなければならず、春以外の季節に咲かせるには冷蔵庫などが必要で、商業ベースには乗りにくかった。
 同センター生物照射チームの阿部知子チームリーダーらは、山形県で栽培される「敬翁桜」という品種の枝に加速した炭素イオンビームを照射。この枝を接ぎ木して育てたところ、約5カ月の間隔で年に2回咲くものが見つかった。
 さらに、気温15〜20度に保った温室で育てると、春から秋にかけて花が断続的に咲き、従来品種のように冬の寒さが要らないことも判明。逆に屋外で冬の寒さにさらすと、春には従来品種の約3倍の花が一斉に咲くことも分かった。 

【関連ニュース
桜の開花予想を終了=「民間が充実」と気象庁-54年の歴史に幕

<長崎漁船不明>現場周辺の海底に船影 7管も確認急ぐ(毎日新聞)
蓮如 真筆の掛け軸など寺宝盗難、買い戻し公開へ 愛知(毎日新聞)
<戦艦大和慰霊碑>立て替えず修復 鹿児島・伊仙町が募金窓口に(毎日新聞)
大阪モノレール一時運休(産経新聞)
小沢幹事長、民主党大会で検察と対決宣言(レスポンス)

鳩山首相 日米同盟さらに深化が肝要 自衛隊幹部に訓示(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は13日午前、防衛省で自衛隊の各部隊指揮官ら約170人が集まる「自衛隊高級幹部会同」で訓示し、「日米同盟が存在することに感謝すべきと思っている。今年は日米安保改定50周年の節目であり、同盟をさらに深化させることが肝要だ。アジア太平洋地域で安定・発展するために、世界の国々と米国と協力することが求められている」と強調した。

 また、15日で海上自衛隊がインド洋の給油活動から撤退することについて「(自公の)旧政権とは政策的な違いがあり、インド洋から帰っていただくことになる。活動されている一人一人の努力には感謝してもしすぎることはない」と語った。【仙石恭】

【関連ニュース
武器輸出三原則:首相「堅持すべき」防衛相発言を否定
鳩山首相:潘氏と電話協議 COP16に向け
鳩山首相:米議員が書簡「海兵隊グアム移転着実に」
鳩山首相:「それぞれが責任を」 日本航空企業年金減額で
中国副主席:鳩山首相の年内訪中に期待…静岡知事と会談

巡査長が捜査書類破棄=容疑で書類送検、停職−愛知県警(時事通信)
渦中の小沢氏 秘書らとキムチ鍋 報道陣にはなお無言(産経新聞)
歌会始に堺市の全盲女性 詠んだのは「心の中の光」(産経新聞)
<雑記帳>足湯にバラ300輪 山口・湯田温泉(毎日新聞)
鳩山首相、ハイチ復興支援に全力=アジア中南米フォーラム開幕(時事通信)

-|2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。